婚活第一歩を踏み出す婚活パーティ

お急ぎの方はこちら

エクシオ公式サイト

 

 

東京某所、まだ肌寒い季節にこころも冷え切っていたわたしは決断をした、お見合いをしようと。

右も左もわからぬ状態なので、まずはネットでお見合いについて調べてみた。

お見合いといえば茶室で晴れ着を召しながら、、、なんて漫画みたいな格式高いものを想像していたが、それだけでなく最近はインターネットを通して気軽に安価で参加できるお見合いパーティも多数あるようだ。

お見合いパーティは名前の通り、婚活希望者のみがある程度の人数以上で開催される中型〜大型合コンのようなものである。参加費は女性3000円前後・男性7000円前後なんかのところが多いが、一部で開催されている「男性はお医者さま限定お見合い」なんかは逆で女性の出費負担率が大幅にあがったりもするようだ。希少価値の高い側が安くもしくは無料で参加できるシステムでなかなか合理的である。開催時間や曜日は限られておらず、平日休みだけの人も土日休みだけの人も、はたまた仕事終わりに参加だってできるくらい幅広くある。

そして開催人数は1回の開催に対してだいたい20人前後で、サイトによっては男女比1対1を徹底していたりもするがそういったところのほうが稀で、参加してみると男女比7対3なんてのもよくあると聞く。

そしていざ当日、まずは現地会場に各自集合。会場は運営会社の自社ビル内であったり、人気レストランを貸し切って開催されることもあるようなので、料理も楽しみたい方はそこも要チェックしたほうがいいだろう。受付で身分証明書を掲示後、各自席に通されるのだが、受付で名札や自己紹介カードを記入するところもあったり、事前登録で済ませたエントリー用紙が配られたりするそう。ちなみに私が参加したパーティでは何もなかった。

続々と参加者が集まり始め、その後は司会者の進行とともに時間はあっという過ぎ去った!だって考えてみれば、10人以上を相手に5分から10分の限られた時間で最低限の情報を聞き出すって、こんなこと言ってはなんですが疲れるしいちいち覚えてられません。安価で参加できるだけあって、司会進行やある程度の流れを除いて、開催者側はノータッチで、参加者自身が積極的にいかないと「少し高いたいしたこともないご飯を食べに来ただけ。」になってしまう可能性だってもちろんあるのだ。

お見合いパーティ後はある程度打ち解けたメンバーで二次会に行ったり、少しお話をしていたり、成果が残せず帰っていく人もいた。

「お見合いパーティ」良し悪しはあれど、「結婚相談所は高いしそこまでは。。でも婚活したい!」なんてはじめての婚活には丁度いいのでは。

コメントは受け付けていません。